【Shadowverse】2ターン目に聖獅子の神殿を置くか置かないかの話が独り歩きしてるようだ

※最初にこの記事を見ることをお勧めします。

otsuki-yoshika.hatenablog.com

 

 

f:id:Otsuki_Yoshika:20180711034317p:plain

画像はShadowverse Portalより。

 

めちゃくちゃわかりやすく言うとこのカードについて2ターン目に置くか置かないかがぼくの想像以上に大きな問題になっていました。なのでこれについて少し付け足します。

 

 

ぼく自身は神殿についてブログ内で、現環境にいるドラゴンウィッチビショップのデッキの中には熾天使の剣が存在が確認されている。なのでそれら3リーダーに対しては何も考えずに安易に出すなと言っただけで、出すならちゃんと裏目をしっかりと考えて出せと書いた。そして他のエルフやロイヤル、ネメに対しては熾天使の剣が入っていないので2ターン目の神殿が通る、即ち置いても構わないと言っている。

 

f:id:Otsuki_Yoshika:20180711035232p:plain

画像は同じくShadowverse Portalより。

 

このことが何をどう解釈されたのかはわからないが、2ターン目神殿をしないって何考えてるんだとか、破壊されている前提でものごとを考えているのはどうなんだとか、神殿は託宣(これに関してはぼくが理解できていない)、ドロシー知恵の光問題(これに関してもぼくがドロシーがあった時代にはプレイしておらず、どういう効果かをちゃんと把握していないので理解ができないがそういうのがあったのだろう)などの意見があった。

 

これらのことを言った人がブログの中身をちゃんと読んだ上で言ったのか、タイムライン上で流れたのを目にして何となくで言ったのか、揚げ足取りのためだけに言ったのかどうなのかは定かではないが、あまりに独り歩きしすぎていると感じたのでまた少しだけ書くことにした。

 

2ターン目に神殿を置いて裏目があるリーダーに対して2ターン目に神殿を置くかどうか。これに関しての解は現状あらず、置いて通った時は結晶2マナ、もしくは結晶結晶などと続く大きなアドバンテージが得られ、逆に熾天使の剣を振られた場合は明確な裏目である、ということになる。勿論2神殿が通らなかっただけでゲームに負けると確定したわけではないし、ただゲームスピードが落ちるだけという話。

 

そもそも2ターン目の手札から神殿を出すかどうかは結局なところ手札次第である。結晶と神殿が手札にあって、相手のデッキに熾天使の剣が入っているであろうリーダーだった場合、どちらも熾天使の剣で取られてしまうが神殿から入るよりも結晶から入った方が結晶と神殿の仕事量的に結晶の方が安全、撃たせたということが言いたい。

 

もしその時2ターン目に出せる札が神殿しかない場合、それだけ手札が事故しているということなので2ターン目のパスは致命的であるためぼくでも出して通った時のアドバンテージを狙いに行く。 

 

ぼくが聖獅子ビショップのブログを通して伝えたいこととしては、毎ターンちゃんと考えてカードをプレイしろ、ということである。それが例え1ターン目であるとしても。たかがランクマッチの1戦だとしても、どれだけ大きな大会の決勝の最終マッチだとしても、それはのしかかっている重みが違うだけでどちらも同じ1戦であるのでぼく自身はその1戦を勝ちに行くために絶対に手を抜かないしちゃんと考える。そこで2ターン目の神殿をついて考えた結果、明確な裏目を持つリーダーに対して2ターン目に神殿を果たして思考停止、定石として置いていいのかという話を出したというわけである。

 

また、Shadowverseを初めて3ヶ月ですがこのように一つの大きな議題に関われてぼく自身は凄く嬉しいですし、もっと深めていきたいですね。

 

twitter.com

 

 


【Shadowverse】聖獅子ビショップとは何か

この記事ではShadowverseにおける聖獅子ビショップの現環境の立ち位置とマリガン、プレイングを話します。注意すべき点として今から書くことは複数人で話し合った訳ではなくぼく一人が聖獅子ビショップを回して感じてこと、チームの人の聖獅子ビショップを画面共有で後ろから見ていて思ったことと話したことを書きます。なのでこれが正解だと丸呑みするのではなく、こういう考え方動き方もあるんだと思っていただければ幸いです。

 

f:id:Otsuki_Yoshika:20180708162815p:plain

最初にぼくが使っている聖獅子ビショップのリストです。まずは採用理由から話しますが、ぼくがデッキを作るにあたって目指すことは環境にいるデッキの五分をいかに微有利、有利に持っていくか、微有利をいかに有利にもっていくか、有利をいかに更に有利をもっていくかを考えてデッキを作ります。不利は微不利は切り捨てています。こちらはワンチャン拾えるプレイをよくします。

 

全てに事細かに書いていると日が暮れるので「ここなんで3枚?」や「これ入ってるんだ」っていうところだけ書きます。他は確定3枚だと思っていただければ大丈夫です。それとカードの効果は知っている前提で書くのでわからない場合は各自で調べてください。

 

天罰の神父

茨の森、峡谷、天狐、神殿、伝説の幕開けなど、他は相手の大型フォロワーやシャルロッテマグナスでスペルダメージ無効にされた時に進化権を使って無条件で吹っ飛ばせるカード。現状ランクマッチで多く見かけるのが天狐、聖獅子、ミッドロイヤルな以上絶対抜けないカードの1枚。

 

レジェンダリーファイター

基本的にはゲーム中盤に出てきた大型フォロワーに対して突進必殺をつけてぶつけるカード、その他にはミッドロイヤルに対しては先陣の騎兵の進化からでる1/2、チョイスセリアの1/1守護と1/2、刃ネズミに対して突進必殺2回攻撃までつけて力尽くで2体交換できる。シャルロッテマグナスでスペルダメージ無効にされたときに神父と同じく必殺で対抗できる数少ないカード。

 

熾天使の剣

神父は進化権が必要だがこちらは進化権を要せず茨の森、神殿、伝説の幕開けをたった2マナで破壊でき、相手の2マナ以下のフォロワーを破壊できる現環境無くてはならないカード。フォロワーに対して撃つときは基本進化後の2マナ1マナ、あとロイヤルのエンハンスで出てきた熊も一発で破壊できる。もちろんエンハンスで天狐や大型フォロワーも強い。

 

ノイシュ

Nエルフのビューティー&ビースト、象さんのバースト、ヴァナラの5点2回攻撃、アグエルのイピリアの5点もしくは7点、ギガントキマイラ、フレデス、マナリアでバフされたバーンダメージ、聖獅子ミラーの4点、を全て3点にとどめられるカード。ドラゴンのアジやゾーイ、リントも3点にできるが、彼らに関しては上で並べたフォロワーと違い、突然出てきてすぐ疾走で顔に突っ込んで来るので予想して出しても結局出てこずハンドに溜め込まれノイシュ切れた瞬間突っ込んで来るので判断が難しい。

 

ロレーナ

進化時のチョイスが鬼強い、1マナ2回復+1ドローが使って相手に有利トレードさせないようにしたりレジェンダリーファイターに必殺を持たせられたりする使い方が幅広いカード。もちろん鉄拳も強いが2マナっていうのがこのデッキの性質上偶数マナのカードが多い以上少々使い辛い、プリズムスイングがあるので撃つ機会も少ない。ただし進化権がなくなった後はただの2/2バニラになってしまうのが難点。

 

教理

盤面をアミュレットで圧迫しているデッキなのでこれを使って盤面を開けたり、ハンドが少ない時に天球儀を割ってドローする。礼賛教理ももちろん使う。これは後述するが相手の動きに合わせて礼賛を置くがもし間に合わなくて1ターン遅れた時に無理やり加速させたりもする。

 

ジャンヌ

一番は相性上五分なミッドロイヤルのアーサーに対して撃つ、次にミラーの成長が遅い聖獅子に対して突き放す役割、最後に不利だがアグロエルフの横並びに対しても撃ったりする。一枚あったらなあって場面が多かったので入れてみたらハマった。

 

ここで書かなかった8種類24枚は確定。逆に言うと今書いた7つは不確定だが少なくとも1枚以上は必要なカード。次に40枚の中に入らなかったカードを書く。

 

スノホワ

ミッドロイヤル、アグロエルフに対して最序盤最も強く出られるカード。しかし現環境ビショとネメが多い以上1/2というスタッツはトレードに意味をなさない。ドラゴンウィッチに対して弱く盤面を圧迫してしまいがち。

 

ソードシスター

正直に言って使ったことは無いが、恐らく聖獅子ミラーやアグロエルフミッドロイヤルに対して顔にいかせず盤面にぶつけさせて次の自分のターンに処理しやすくさせるカードだと感じる。それとロレーナとは違って進化権がなくなっても働けるカードである。

 

レフィーエ

4/5守護がとにかく強い、聖獅子ミラーだと4/4を2回ぶつける必要がある。勿論毎ターン1点回復も強くアグロエルフや人形ネメシス、聖獅子ミラーに対してリーサルから逃れることができる。1枚入れてもいいカードだとは思っているが6が重いのでそのターン聖獅子を育てられないのがネック。

 

テミスの粛清

8マナ使ってフォロワー全てを飛ばせるカード。刺さるのはハンドが少ないロイヤルくらいしかおらず、結局自分は何も出さずに盤面空で相手に渡すのでドラゴン、ウィッチ、天狐や聖獅子ミラーに対して全く刺さらないのでいらない。白牙を入れられる天狐だから強いカード。

 

採用、不採用の理由はこんな感じです、不採用で抜けているカードを思い出したらまた追加で書きます。

 

ざっくりとしたマッチアップの相性

アグロエルフ不利、ミッドエルフ、Nエルフ有利

ミッドロイヤル五分

ジャバドラ峡谷ドラ共に有利ではあるが相手のマナ加速次第で五分から不利へ

アニメイトネクロ、ミッドネクロ有利

ギガキマウィッチ、マナリアウィッチ有利

ヨルムンナハトヴァンプ有利、血統の王ヴァンプ五分

天狐ビショップ、聖獅子ビショップ有利

AFネメシス五分、人形ネメシス先攻なら有利後攻なら不利

 

次にマリガンとプレイングについて

 

エルフ

不利なアグロエルフ、ヴァナラの2回攻撃で仕留めてくるミッドエルフ、最近流行っている伝説の幕開けや象をを入れたNエルフ、など速いのから遅いのまでいて読みにくいリーダー。アグロエルフ以外に対しては有利なので初手はどうでもよく、アグロエルフの一点読みをする。

 

先攻:天球儀、結晶、熾天使の剣、神殿

後攻:天球儀、法典、熾天使の剣、ロレーナ、礼賛、レジェンダリーファイターと0マナ法典はセットキープ

 

まずアグロエルフは熾天使の剣が入っていないので先攻2ターン目の神殿が通る。そして3ターン目に結晶+2マナの動きをしながら盤面展開しつつ処理を行う。熾天使の剣は第一に茨の森を破壊、次に進化後の2マナ(主にレーネ)にたいして撃つ。レジェンダリーファイター+0マナ法典は後攻2ターン目に突進をつけて1体除去できるため。

 

対エルフにおける礼賛の使い方

イピリアが潜伏である以上それを取れるのは礼賛のラストワードをぶち当てるしかないので礼賛を切るポイントが非常に大事。まず先攻のときは4ターン目に置いて5ターン目後攻イピリアに対して抑制させる。後攻ならば3ターン目に置くのがベスト。もしそのターンに置けなかった場合はその次のターンに置いて教理で加速させてイピリアにぶち当てる。礼賛と教理がある場合は隠してイピリアの返しで礼賛教理で破壊しても良い。ただし横に並んでいる場合は礼賛が効かずに調べでえらいことになる可能性があるので礼賛なんて置かずに黙って処理するべき。

 

ロイヤル

ミッドロイヤルしかいないのでそれを見る。アグロエルフと同じくミッドロイヤルにも熾天使の剣は入っていないので2ターン目に神殿を置いても通る。

 

先攻:天球儀、結晶、神殿、紡ぎ手

後攻:天球儀、法典、神殿、礼賛、プリズムスイング

 

シャルロッテとマグナスがいるのでプリズムスイングを序盤撃てるところで撃つのが大切なこのマッチ。それと5ターン目の円卓会議に対していかに嫌に取らせるかも大切、これを通してしまうとそのまま流れで押されてアーサーで死ぬ。円卓会議に対して有効なのは法典と神父、勿論対イピリアと同じように礼賛を配置しても良い。7ターン目のアーサーに対しても同じように動く。8ターン目以降のスカイフォートレスも頭に入れながら盤面に何も残さないこと。

 

ドラゴン

峡谷ドラやリントゾーイなどもいるが今一番多いのがジャバウォックドラゴンなのでそれを見る。ドラゴンはエルフと違ってどのデッキタイプも似ているのでそこまで難しくない。

 

先攻:天球儀、結晶、神殿、紡ぎ手

後攻:天球儀、結晶、神殿、紡ぎ手

 

ドラゴンとはとにかく相手のマナ加速と戦いながらこちらも獅子を死ぬ気で成長させるマッチ。とは言え相手は熾天使の剣を持っているので安易に2ターン目に神殿を置くのはNG。最近は威圧も入っていて中盤2/2や3/2がエンハンス威圧で消し飛ばされるので少し逆風、峡谷もいるのでなるべく神父進化で峡谷は取るべき。後述するギガキマウィッチと同じくノイシュが活躍するマッチでもある。であるが出す場所がウィッチと比べて非常に難しくドラゴンは1ターン2ターン先のリーサルが見えたらノイシュを出してアジなどの疾走を凌ぎながら顔に走る。

 

ネクロとヴァンプ

環境にあまりおらずどちらも有利なので2つにまとめる。熾天使の剣はどちらも入っていてもおかしくないがこの2つに関しては2ターン目に神殿を置いて破壊されても負けることは無いほど聖獅子は強いので置いても構わない。

 

先攻:天球儀、結晶、神殿、紡ぎ手

後攻:天球儀、結晶、神殿、紡ぎ手

 

プレイングに関して特にいうことは無いがヨルムンナハト相手に雑に礼賛を置くとヨルムンとナハトが勝手に消えてちょっと危なくなったりするのでそれだけ注意。血統の王に関しては他イピリアと同じように礼賛を潜り込ませることを意識。ネクロに関してはオディールに少しだけ気を付けるくらい。

 

ウィッチ

ギガキマウィッチとマナリアウィッチがいるがギガキマウィッチを見る。ドラゴンと同じく熾天使の剣を持っているのでこちらも安易に神殿は出さない。

 

先攻:天球儀、結晶、神殿、紡ぎ手

後攻:天球儀、結晶、神殿、紡ぎ手

 

このマッチはプリズムスイングを撃つ相手がいない=礼賛を安易に置けないのでプリズムスイングを打てる時に撃つ。気を付けるのはゲーム中盤に出てくるデストロイヤー、これを取れないと一気にきつくなるので取れる手段を考えておく。9ターン目からは常にギガキマを警戒しながらノイシュで遅延しつつ相手の顔に獅子を突っ込ませる。ノイシュが無くても最悪獅子のヘルスが4なので獅子を並べておけば少しは耐えるだろう。

 

ビショップ

現環境トップの天狐と聖獅子をもつリーダー。ここ2つに強く出るために神父や熾天使の剣、レジェンダリーファイターを搭載してスノホワを外している。

 

先攻:天球儀、結晶、神殿、熾天使の剣、紡ぎ手

後攻:天球儀、神父、結晶、神殿、熾天使の剣

 

序盤の動きは天狐聖獅子共にほとんど同じだが神殿か結晶が出てきた時点で聖獅子かそうでないかがわかるのでそこから動きを考える。

天狐の場合は神父進化で天狐を破壊していれば勝てるがゲーム中盤のケリュネイア、白竜、レフィーエが並んだ時が一番きついので、レジェンダリーファイターに突進必殺をいつでもつけられるように残しておくと良い。もしフェイスに6点を通してしまうことになっても相手のデッキは遅いのでそこまで気にする必要はない。5ターン目ケリュネイア、6ターン目レフィーエの動きが強いのでそれに丁度礼賛を当てる動きも強いので頭に入れるべきマッチ。

聖獅子の場合は相手の聖獅子の使った枚数と相手のハンドにある結晶の枚数を常に意識する。相手が神殿を出したら熾天使の剣か神父進化で破壊して成長を妨げる、プリズムスイングは4/4に撃つことを意識、礼賛は序盤置いて中盤発動させることで相手の盤面の横の広がりを抑える。終盤はどっちの獅子も走るので自分が不利な場合はカウンターを狙う。とにかく獅子を早く走らせたもの勝ちなので例えハンドに結晶が1枚しかなかったとしても切る場面は切る思い切りが大切。ミラーは先攻ゲーではなく確実にプレイングがものを言うので、上のマッチングの相性についてはまだ神殿や結晶の使い方に気づく人がおらず有利にした。ただし神殿を破壊しても破壊しても神殿をポンポン出されたら負ける。

盤面埋まっててリーサル取れないって思っても相手の盤面に礼賛があれば剣もしくは神父でどかしてわざと破壊して無理やり盤面開けてリーサルも取れたりするので覚えておくと良い。

 

ネメシス

AFネメは今は少なく、人形ネメシスを見る。対人形ネメシスは先攻を取ったら相手の操り人形が処理に回ってきてフィニッシャーに使う人形が無くて勝ち。逆に後攻の場合は相手は人形を温存するのでそのままオーキスとノアまで耐えられて負けの試合が結構ある。

 

先攻:天球儀、結晶、神殿、紡ぎ手

後攻:天球儀、結晶、神殿、礼賛、プリズムスイング

 

とりあえず相手のハンドに人形が何枚あるかを常に頭の中に入れる、そうすれば9ターン目のノアも把握できるしゲーム中盤人形を使わせたりもできる。あとバシリスに注意しながら動く。シロウが強いので後攻の場合は2ターン目に礼賛、先攻の場合は3ターン目に礼賛を置くとシロウ自身に刺さる、もしくは出てくるロボミが5/5なので非常に取りずらいのそれに対して礼賛を置いても良い。熾天使の剣は人形ネメには基本入らないので2ターン目に神殿を出してもいい。

 

7月9日追記、0マナ法典のことをすっかり書くのを忘れていたので書きます。

まず、マリガンでも書いたように0マナの法典は残さない。残して1ターン目に出して1ドローするのと返して山札を1枚めくるならそれは同じ1ドロー。なので返して山札を1枚めくりに行く。そして0マナ法典はほとんどをレジェンダリーファイターと一緒に使うのでもしマリガンで帰ってきたとしても1ターン目にホイホイと出したりはせず溜めておく。0マナ法典が複数ある場合尚且つ現状のハンドで次のターンが弱いと思ったら0で置いても構わない。雑に切ってしまうと、ここ雑に切らずにホーリファルコン出す奴選んどけば勝ってたなあって場面もしばしばあるので注意。

 

以上でガイドは終わりですが最後に聖獅子の神殿と聖獅子の結晶について少し書きます。

 

 

 このことについて話します。

 

まず2ターン目神殿を置いた時の返しで剣で割られた時がテンポロスと書いたことについて説明します。

 

7月9日追記、テンポについてぼくが好きなHSプレイヤーのブログです。ぜひ読んでみてください。

ombre.hatenablog.com

 

そもそも神殿は2マナで置いて結晶をハンドに加える。そこではまだ神殿は結晶を使ったときにマナを回復するという重大な仕事をしていない。その神殿のテンポを取り返すためには結晶を2回撃たないといけない(神殿(2)+結晶(2-1)+結晶(2-1))ので6マナを4マナにして取り返す必要がある。

なので返しに破壊されたときにその結晶は4マナの結晶になる、即ちテンポロスということ。相手が2コストの神殿を2コストの剣で破壊しててこっちのハンドに結局結晶が来てるから別にテンポロスでもなんでもないし相手の方がテンポロスしてるんじゃないかという意見もある。

f:id:Otsuki_Yoshika:20180708232958j:plain

このSSは許可を得て借りました、ありがとうございます。

相手のリーダーはビショップですが誰でもいいとして、1ターン目は天球儀は確定として2ターン目に結晶と神殿どっちを置くか。例えば神殿を置いたとする。それで返しに剣で破壊された時のハンドは天球儀で引いたカウントダウン持ちのアミュレット、結晶結晶紡ぎ手、2ターン目と3ターン目に引いたカード。このハンドだと引っ張ってきたカードがわからないため紡ぎ手を出すことになる。少なくとも神殿1番の強みである「マナを回復する」行為が行われていないのだ。

 

話はすこしズレるがこのデッキ自体のマナカーブを確認する、1マナが天球儀と神父の3.3で6枚、3マナが紡ぎ手プリズムスイングジャンヌ1枚の計7枚の奇数13枚、残り24枚は2マナで残りは0マナの法典3枚である。これを見てまず何を思うか、極端に奇数が少ない、プリズムスイングは相手の場にいないと撃てない、神父に関しては進化時の効果が強く安易に切れないため実質天球儀とジャンヌと紡ぎ手の計7枚(天球儀を1ターン目に出していたら6枚)しかないのである。

 

ここからわかることは何かというと奇数ターン(特に3ターン目)の動きが特に弱い。なので紡ぎ手までキープをすること。それに神殿が通ったとして次のターンの結晶結晶は神殿の効果を十分に発揮できるがハンドが細くなるので結晶何かになりがちで神殿のリターンは半分しか得られていない。そして紡ぎ手の場合は結局2ターン目に神殿を置いても神殿を晒したまま次の4ターン目まで剣が来ないように祈らないといけない。よって2ターン目は神殿ではなく結晶から出すべき。

 

ここで言いたいことは全てのマッチに対して神殿を2ターン目に出すなと言うことではなく、マリガンで神殿だけを探すのも違うしもし引いたとしても考えて出せということである。現環境のドラゴン、ウィッチ、聖獅子に対しては必ず熾天使の剣が搭載されていて、もし撃たれた場合その神殿はただの結晶を出す2マナのアミュレットなだけであってその結晶を出すために更に2マナを使わされる、最序盤の大きなテンポロスによってゲームスピードが落ちて、本来有利な相手にも獅子が育ち切れず負けというマッチも少なくない。

 

じゃあ神殿はいつ置けばいいのか、神殿は5ターン目以降に置くと良いだろう。さっきも言った通りこのデッキは1と3が極端に少なく2が圧倒的に多い。3は紡ぎ手がとても優秀であるがプリズムスイングは相手がいないと打てないカードである。5ターン目に神殿を置くと、神殿+結晶(-1)+結晶(-1)+1の動きで神殿のテンポロスが綺麗に回収できる。6ターン目なら神殿+結晶(-1)+スイングor紡ぎ手、もしくは神殿+結晶(-1)+結晶(-1)+2マナがスムーズかつ盤面が強くなれる。のでここで置くべき。勿論2ターン目に置いても問題はない。 結晶キープの話をしてなかったのでここに追加、2ターン目に神殿を置くのはリスクがでかいので結晶を出そうって話その方が獅子が成長する。

 

次に結晶のエンハンスについて、5マナで結晶を出して結晶を戻す。5で結晶(スタッツはなんでもいい)を打つので-3、結晶2回分が無駄になっている。率直に言うとエンハで撃って2/2しか出ないなら3+2の動き、1+2+2で動いてスイング紡ぎ手で結晶回収、ロレーナの聖水ドローに回すべき、レジェンダリーファイターを絡めての多面処理もある。これに関しては説明がしにくいがエンハで撃つときは神殿がある時に撃つと好ましい(エンハ(-1)+2or3、エンハ(-1)+通常結晶(-1)+何か(6ターン目なら無し))。


聖獅子の結晶についてのまとめ
5ターン目や6ターン目に結晶をエンハンスで撃って終わりは弱い。神殿がある場合は別だが結晶は2で撃って多面処理していくべき。
ハンドに結晶が1枚しかないは出す?出さない?場合によるけど今のハンドや場の天球儀の進み具合を見て考える。ここで出さないとミラーで追いつけない時や少しでも進めたい時は出す。ハンド多い(すなわちまだ出さなくても余裕がある)ときは無理にそこで結晶を出さず次に教理などのドローと絡めて備える、少ない時は1回待ってもよい。

 

最後に
これらは自分のしたい動きを書いただけ、実際はそうはいかないのが現実。なので相手の動きに対応しながら次相手にはこの動きがあるからこの動きをすればキレイに取れる、もしくはこういう動きをすれば次相手は取りにくいだろう、などの考え方が非常に大切なデッキ。
もちろんオセオセの時はガンガン好きな動きをするべきだしミラーは成長勝負なので獅子を成長させながら相手の成長を妨害するマッチなのでプレイングがめちゃくちゃ出る。後このデッキはカウンターのデッキ(疾走が出るまで処理に回って疾走が出るようになったら一気に攻め立てるもの)なのでそこらへんも意識する。
あと神殿一つあれば10ターン目に獅子3発12点が出せるので、拮抗した場面に一回ここ顔に行けばどうだろうって考えると次のターンリーサルが見えたりする、結構大事。

 

以上で聖獅子のガイドを終わりますが新環境からまだ10日程しか経っておらずこれが明確な答えとは言えませんがぼく自身が聖獅子ビショップを回していて感じたことなので、これを鵜呑みにせず、ここは違くないか?と思ったら否定していただいても構いません。長々と読みにくい文失礼しました。

 

7月11日追記

otsuki-yoshika.hatenablog.com

 

twitter.com

 

 

 

 

 

 

 

RAGE Shadowverse Dawnbreak, Nightedge 総括 まとめ

1から5まで長すぎるのでこれ見たら全部わかるようにめちゃくちゃ短くまとめようと思います。それプラスアルファ、次RAGEに出る時にやるべきこととか今後シャドバのこととかいろいろ書きます。

 

RAGEDay1、4-1でDay2進出。Day2、2-3。終わり。片方のデッキが最後まで決まらなくてそれの練習がとにかく足りなかった。自分から調整できる場所を作ったけど積極的に参加してくれる人がいなかったが自分は結構やったつもり。みんなどれくらい前からRAGEに向けてやるんだろう、ぼく自身は2週間前からだった。

 

正直ぼくが当たったのは1日目5人2日目も5人の10人だけだったからそこで環境を判断するのは難しいがネメシスとエルフが少なくウィッチ(主にジンジャー)がめちゃくちゃ多かった(10人中7人)。特にロイヤルウィッチ、ぼくもRAGE4日前まではその構成だったけどネメシスにめちゃくちゃ弱いことに気づいて変えた。結果自分がそれに狩られてしまった。ただ知り合いに聞いてみるとネメシスはちゃんといたらしい。当たった相手が悪かったか本当に少なかったかどうかは公式が統計を出さないとわからない。

 

RAGE外でのこと、ただ遊びに来てなんとなくで参加しに来てる人なら土曜の夜は満喫とかで良いかもしれないが、自分は勝ちに来ていたのでホテルをちゃんととるべきだった。あと国際展示場から近いところのホテル、最低7時間は寝ないとDay2絶対戦えない。睡眠欲に負けてはならない。

 

あと初めてのRAGEでとても楽しかった。いろんな人がいてまた来たいと思ったし勿論また参加したい、勝って勝って次こそはファイナリストになりたいと思った。でも次のRAGEまで3か月近くあるのでそこまで一人だけでモチベがつづくとは思えないし、周りでちゃんとシャドバをしてる人もいない中、ツイッターのタイムラインでチームメンバー募集のツイートに興味をもつ。そのチームがどれがどれくらいすごいとかは全くの無知なのでとりあえず興味を持ったチームやおすすめされたところに応募してみようと思う。大体がマスター以上、やる気ある人、の2つのみなので誰でも応募しやすい(ただし実績は無い)。

f:id:Otsuki_Yoshika:20180529144311j:plain

↑さっきスクショを取ってきた、今月は疲れたのでグラマスになる気はないです。来月来月。

 

一番の目的は8月のRAGEに向けて一緒に調整できるような知り合いが欲しい、対抗戦というものにも参加したいし、レートやJCGにも出てみたいと思うし横のつながりも持ちたい。もしこのブログ見てる人がチームに所属していてこいつどうしようって思ったら提案してください。

 

実績↓

シャドバ:RAGE vol.8 Day2 2-3

HS:2016年12月、17年3月4月5月6月7月8月、18年1月レジェンド。2017年8月レジェンド2桁。Bo3、Bo5、BANありBANなし関係なく自信アリ。コンクエストのみ、LHSはやったことない。

 

以上です。クソ長い記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

RAGE Shadowverse Dawnbreak, Nightedge 総括 その5

前回のまとめ

・Day1を4-1でなんとか抜ける

・満喫で腰を痛める

 

6時半に満喫を出て池袋をうろうろしてコンビニ行ってラムネと間食用のパンを買って山手線に乗りりんかい線に乗る。朝も結構早いせいかオタクの数は少ない、特に何もなく7時半に国際展示場へ到着。前日は結構知り合いがいたが7時半の時点でぼくともう一人(この人はRAGEに参加してないのにクソ早くから来てくれてた、ありがてえ)、会場に着くと手前のシャッターが閉まっていて入れるけど奥までは行けない、人はまだ少ない。7時50分ごろから並んでくださいと言われるが時間前から並んでもすることないし受付始まって少し終わってガラガラになったところを狙う。それまでは入り口の横の方で知り合いのミラクルローグを見る。

 

そうしている内に昨日知り合った人が来る、その人と受付に並んで受付を終わらせそのまま席に案内され座るがじっとしていられない為また戻る。ちなみにDay2進出者じゃないと9時半になるまで入れないらしい、なので人が少ない今のうちに今弾のでけえカードの写真を全部撮る。

f:id:Otsuki_Yoshika:20180529134049j:plain

だーれもいない

 

f:id:Otsuki_Yoshika:20180529121015j:plain

f:id:Otsuki_Yoshika:20180529121028j:plain

↑いっぱいあった、ちなみにイメラとマグナスは前日にDay2進出した時の一戦にお世話なったので写真撮った帰りにこれの前で一礼してきた。今日もお願いします。

 

Day2の説明を受けるまで昨日知り合った人が遅刻しそうになったりその人がストラップを忘れて会場にいた全然知らない女性に話しかけて借りたりいろいろあったが遅刻ENDは無かった。

 

そのまま元の席に座って説明を受ける。昼飯が無料ということしか覚えていない。Day2初っ端から緊張もクソもないので気楽に移動する。

 

第一回戦、エルフウィッチ

やっぱりウィッチが多い、ネメシスは消えたのか?と思いながら昨日と同じようにロイヤルから投入。相手はウィッチ、後攻だった。Nジンジャーだろうがギガキマだろうが序盤の動きは変わらないのでいつものマリガン、2ターン目にマジミサを打たれギガキマ確定、盤面ぐちゃぐちゃにされギガキマで顔をぶん殴られ0:1。次はエルフ、先攻を取るがこっちの動きがしっかりせず終盤まで相手のフェイスが詰められないまま徐々に押され、ジャングルケアをしていたところ象が飛んできて死亡。2タテされる。聞いたところ象を入れて後ろに少し寄せたミッドエルフらしい。

 

第二回戦、ウィッチネメシス

対戦相手がわかると相手の名前も見えるんだけどこの人の名前を見たとき一体どんな人なんだと思って行くとイケメンがいた、でけえしかっけえ。またウィッチかと思いロイヤルから入る、相手はウィッチで後攻を引く、これジンジャーだったらロイヤル一生抜けないなあって思っていると土だった。正直な話土ウィッチと対戦するのが初めてなのでどういう動きをすればいいのかわからなかったが相手の動きが弱くなんとか勝ちに繋げる。2戦目はネメシスから入って来た、この人は不利なカードから投げるタイプかと思いながら後攻引いたけど有利だし気楽に行く。するとなぜか茨が置けるタイミングが無い、というより対空射撃がないので序盤置いて対空で戻してマキナに合わせることができなかった。その間にミリアムでレディアントを埋め込まれ量産でコピーされ、これもまた徐々に顔を詰められる。プライムで盤面を削られつつもなんとかジャングルまでこぎつけられるが、返しでレディアント2枚あったら終わりだなと思っていると本当に出てきて死亡。相手のプラン変更のタイミングが上手かった。3戦目は残った土ウィッチ、またもや後攻。レヴィまで繫げられるとまずいと思いアグロプランで序盤から顔を攻める。来る6ターン目レヴィケアするか変異の雷撃ケアするかで悩む、ハンドに使役者があったのでラストはこれで詰めようと思いレヴィをケア。飛んできたのはオズ大召喚。こっちの顔は結構あったので、もう一回大召喚が飛んできても次リーサルが見えるようにオズ無視して顔に詰める。結果成功、勝利。

 

勝利報告した後に飯の場所まで案内される。なんとなく魚が食べたかったのでミックスフライみたいなやつを選ぶ。その人とはもう少し喋りたかったけど結構試合に時間がかかったため別れて急いで飯を食べる。知り合いが集まってるところに連れてかれると知らない人と喋っていた、どうやらさっき当たったらしい。ぼく自身も少し会話に参加するが、この人が今何勝何敗でどういうデッキを使うかはわからない、次当たるかもしれないと思い自分のことは一切話さずパクパク食べながら話を聞く。

f:id:Otsuki_Yoshika:20180529130403j:plain

半分を食べたところで次の対戦相手が発表される。正直少し眠気を感じたが大丈夫だろうと思い次の試合へ。

 

第三回戦、ロイヤルウィッチ

またロイヤルウィッチ、ここまでウィッチが多いとは思ってなかった。あと初めてAAの人と当たった。1戦目はロイヤルミラー、後攻を取り援護射撃を置かれボコボコに殴られる、まあ仕方ないと思い手を隠すために早めの降参。2戦目もロイヤルから入る、相手はNジンジャー、これ抜けても次エルフでこれ抜くとかあと思いながらまた後攻を引く。序盤はとにかく攻撃的に動く、3ターン目にマーズ、4ターン目にガウェインで一気に攻めて相手に進化権を早く切らせる。結果その作戦は成功して8,9ターン目のパワーが全然なく勝利。3戦目も後攻、同じように超攻撃的に攻め、リラで禁忌を飛ばして5ターン目と6ターン目に進化権を使わせる、そして使役者フェアリーで勝ち。なんとか抜けた。2-1。

 

第四回戦、ロイヤルウィッチ

対戦相手が決まった時に知り合いとこの人と当たったわって流れを少しした時に、知り合いがこの人さっき一緒に飯食べてた人だよと言う、本当に当たってしまった。何使ってたかを聞こうと思ったけど聞くと人間的にまずかったので聞かなかった。席に行くと本当にさっき目の前で食べてた人がいる。ここで最大のミス、今の今までずっとロイヤルから投げていたがなぜかここでエルフから入る、さっきの試合でエルフでウィッチを抜けたのでエルフから入っても行けるだろうと思ったのか?これが失敗で相手はギガキマウィッチ、先攻を取るがノヴァフレアで飛ばされ中盤も握撃とキマイラで抑え込まれ何もできず負け。次にロイヤルミラー、こちらも先攻で序盤も良かったがあと一歩が足りない、アーサーが引けずバルバロッサでリソース負け。2-2でプレーオフが消える。

 

ここで集中力が完全に途切れた、と同時に一気に眠気が襲ってくる。一応まだマネーフィニッシュが残っていたため第五回戦も出る。

 

第五回戦、ロイヤルネメシス

頭が回ってない、さっきの暴走からロイヤルから投げる、相手はネメシス、これがさっきと逆だったらなあとか思いながらプレー。先攻だったが負ける。次にロイヤル、とりあえずミッドエルフから投入。ゲーム中盤に寝る、ハッと起きたら自分のターンが返ってきていた。先攻だったがこれも負ける。ここで2-3ドロップ。

 

そこからは観戦席のパイプ椅子で寝たり悔しくてランクマでミッドエルフ回したら12-1でなぜかめちゃくちゃ勝てたりした、対戦の中で成長していたらしい。

 

その後知り合いが5-3や4-3でフィニッシュ。飲み会でVtuberの話を真顔で聞いたり、大/学の話やソルトって人がドラゴンとビショで勝っててすげーってなったりいろいろ話した。11時頃に俺達の中央線で帰宅。途中立川マシマシが潰れたとの情報を聞いたので安否を確認、生きていた。

 

総括を書くといいながらその1から5まで全部で1万字以上書いてしまった。次にまとめを書くのでそこで終わろうと思います。

 

RAGE Shadowverse Dawnbreak, Nightedge 総括 その4

前回のまとめ

・デッキを紹介する

・採用理由とかいろいろ

 

今度こそ第一回戦から。相手はロイヤルとウィッチ

ロイヤルは99%ミッドレンジ(援護射撃があるかどうかは別として)なのでとりあえずロイヤルから投げ安定、ウィッチがジンジャーでもギガキマでも有利なので大丈夫だろうと思いロイヤルから入る。相手もロイヤル先攻とってブン回して勝ち。ロイヤルが抜けてミッドエルフが残る、相手はロイヤル連打、先攻は取れたが序盤弱く、援護射撃を置かれる。中盤巻き返して横に並べて調べ調べで嵐の槍使いで取られないようにするがスカイフォートレスを置かれ6/4のレーネが被弾、そのまま負ける。これで1:1、相手はジンジャーウィッチだった、後攻。序盤から顔を詰められずジンジャー展開され負ける。

 

1戦目落として後がなくなったけど正直何とも思わなかったし逆に吹っ切れた。あとその日起きてからミッドエルフ数戦回して電車ではボケっとしてたので頭が回ってなかった。

 

第二回戦、相手はロイヤルネメシス

ここでぼくの仮想敵が来る、ロイヤル通されるとこっちのロイヤルが通らなくなるので初手はエルフ投げずにロイヤルを投げてミラーを制す、ネメシスだったらブン回して勝つつもりだった。相手はロイヤル、またミラーだったが先攻を取ってブン回して勝つ。相手は変わらずロイヤルも投げる、先攻奪取、リラをキープしマーズに刺す。勢いそのままに勝利。首の皮繋がる。

 

第三回戦、ロイヤルウィッチ

またロイヤルウィッチ、1戦目がNジンジャーだったのでまたNジンジャーかと思う。とりあえず同じようにロイヤルから入る、またもやミラー、先攻とってブン回して勝ち。次にウィッチ、Nジンジャーだった。後攻を取り序盤攻め上げるがジンジャー展開で最後の使役者の打点がゼウスとベルエンジェルに吸われ負け、1:1。最後はミッドエルフ対ミッドロイヤル、こっちは後攻、相手のデッキに援護射撃があったかどうかはわからなかったが長期戦なるもスカイフォートレスを使わせないように相手の盤面に極力何も残さずなんとかジャングルで押し切って勝利。これで2-1。

 

第四回戦、ドラゴンウィッチ

さっきまでの3人のデッキと違ってこの人のデッキは特殊だった、所謂エンジョイ勢。とりあえずロイヤルから入る、相手はウィッチでこっちは後攻だった。2ターン目ステラが出てくる、Nジンジャーかと思いきや3ターン目には獣面が出てくる、これはどっちなんだと思いながらも返しにマーズを置く。ステラは返しクーフーリンでトレードしていたので相手の盤面には2/2の獣面のみ、天輪のゴーレムが出る、勿論秘術は発動せずマーズが残る、返しで刃ネズミ2体でビートしてひっくり返す。最後の方はオズやら変異の雷撃が飛んでくるが何のデッキかわからないまま勝つ。次にドラゴン、今度は先攻だった。5ターン目の威圧2点オールとラースドレイクをどうするかでめちゃくちゃ迷うがまだ1-0だし通ったらデカいから横に展開し調べまで使って一気に攻める。威圧、飛んでこず、大嵐のドラゴンが出てくる、どうやら原初のようだ。茨を張ってエリンで蓋をして勝利。3-1までくる。対戦が終わって成績を提出する時にあのウィッチってどういうやつなんですか?って聞いたところ秘術らしい。そうなのか。

 

第五回戦、最後はビショップヴァンプ

当たってしまった。正直終わったと思った、環境にのさばるエルフネメシスに対して強くした代わりにヴァンプやビショのデッキに結構不利になったので結構焦る。とりあえずロイヤルから入ってみる、相手はヴァンプ、先攻。ヴァンプだったらフェイス、復讐、ヨルムンガンドと3つ頭に入っていたのだがここでブラッドムーンが置かれる。初めて見たので効果を確認させてもらう、どうやら復讐ヴァンプらしい。相手の動きが結構事故っており勝つ。あと1勝。次にビショップ、先攻を取り序盤から横に並べアグロプランで攻め立てる。6ターン目にアイテールから天狐が出てくる。天狐の社型らしい。使役者フェアリー3枚で7ターン目に勝利を掴んで4-1。

 

Day1の戦績は先攻8、後攻4、援護射撃ロイヤル5-0、ミッドエルフ4-3。

 

対戦が終わって成績を提出、スタッフに案内されてDay2進出する人が集まるスペースに座る。2:0だったため人はまだ少ない。全員が終わるまで待つのかと思いきや説明が始まる、そこまで長くはなく5分程度で終わる。そして受付の時に受け取ったストラップを顔の横に持って写真を撮られる、本人確認のためらしい。あと充電も貰えた。

 

f:id:Otsuki_Yoshika:20180528201832j:plain

 

これってもう帰っていいんですかと写真を撮ってもらったスタッフに聞いたところ大丈夫らしい。5回戦全員が終わるまで待ってたら写真撮る時並ぶだろうしああやって何回かに分けて説明して頂いて早めにビッグサイトから退散することができた。ありがてえ。

 

前々からDay1が終わった後の飲み会に参加すると言っていたので、そのまま新宿まで行って新宿駅でいつものように迷う。中央東口と東口は同じだろ。飲み会の後池袋まで行って満喫へ、フラットシートは満席なのでリクライニングチェアで寝ることに。シート全部倒したら頭が下にいくので少し上にすると今度は腰と足が変な位置に来る。しかし頭が下では寝られるわけないので腰の位置が変なまま寝る、足は荷物が置ける椅子の上に置いた。午前3時、足が攣って目が覚める。そこから痛みで30分寝られず5時半に起床。シャワールームを借りる。30分で300円でそこから10分ごとに100円増えるらしい、31分で受付に戻ったが300円のままだった。ちなみに5時40分の目覚ましを消すのを忘れていたのでシャワー中に大音量に鳴って寿命が30秒ほど縮まった。23時半から6時半で7時間を切っていたのでシャワー込みで2380円だった、睡眠時間は5時間未満。

 

次のRAGEは絶対にホテル予約するべきだと確信できる夜だった。その5に続く。

RAGE Shadowverse Dawnbreak, Nightedge 総括 その3

前回のまとめ

・めっちゃ早く行く。

・中央線が遅延してて危なかった、助かった。

・スタッフの人が説明してるのに周りがうるさくてほとんど聞こえない。

 

というわけで第一回戦からですがまず先に自分のデッキを紹介します。

f:id:Otsuki_Yoshika:20180528174731j:plain

こちらが深埼史安芸さんのミッドレンジエルフです、40枚ソノママ。

twitter.com

なぜこのデッキにしたかというと、もう一つがロイヤルなせいで、ネメシス、少ないですが教会ビショップに不利、あとミラーがほぼ先攻後攻のじゃんけんなのでそれらに勝てるようなデッキを探してました(総括その1参照)。

 

シャドバやってないぼくに何よりもわかりやすかったのが、このデッキを作って使って実績残した人のエルフの勝利数が誰よりも多い、次に配信を見たら何から何まで誰にでもわかるように優しく解説してくれている、当然エルフ全く触ったことのないぼくでもわかった。

 

以上からこのデッキを持っていくことにしました(デッキ提出期限まであと30時間くらい)。ミッドレンジエルフ講座は前からやっていることは知っていたのである程度の動き方は知っており、ほとんど時間が無くランクマとルムマで10戦程度回しただけでもこのデッキの強さが恐ろしいほど伝わってきて理解ができた気がした、進化権の使い方、顔へのプッシュ、ラストジャングルリーサルを見据えた動き、使役者の有効活用、茨の森の使い方などなど。

 

f:id:Otsuki_Yoshika:20180528180234j:plain

もう一つが援護射撃型のロイヤル、オーソドックスなやつ。その中でもマーズの数が3なのはとても大きな理由がある。

 

 

それがこの方の採用枚数と勝率との関係性、ぼくはマーズが2か3、どっちがいいかを注目した。マーズのいいところはNジンジャーに対しての3ターン目に置いてしまえばNジンジャーのデッキで取れる動きが無いのである(2ターン目に出てた2/2にエンジェルナイトで3/2にしてトレード、もしくは3/3/2で召喚時効果で守護つくか突進つくかの50:50でトレードできるかできないかのどっちか)。

 

そもそも援護射撃ロイヤルはNジンジャーに対して有利なのでそこを更に有利に持ってくため、3ターン目に確実にマーズを置くために3にした。あとNジンジャーが西RAGEで結果を残していたため、持っていくプレイヤーが多いだろうと踏んでいたためでもある。それに他のデッキ相手にも3ターン目に出してそれの返しで取られなければ試合を圧倒的有利に進められるほどの大きなアドバンテージにもなるので絶対に3枚入れたかったので3枚にした。

 

次に騎兵が1枚という点、これはわかりやすく先攻の時に一切仕事ができない、ただ後攻だと進化して1/2が2体出る、これがエルフに強いし2回復もついてくる。仕事量はそこまで多くないと思ってたので1にした。そもそも1戦でこういうカードは1枚しか使わない。

 

3つ目はルミナスメイジが2枚。正直ここはRAGE数日前まで3で良かったのだがマーズを3枚、援護とバルバロッサを2枚にした時に抜くカードが無いことでここを抜いた。他にも理由はちゃんとある、そもそもこいつ自身のパワーがめちゃめちゃ低い。ルミナスメイジが入れば指揮官への進化はタダになる、つまりこいつが取られなければ永遠にタダで進化ができるからやべえつええって思って何も考えずに今の今まで3枚にしていた。正直言って取られない場面がない、絶対取られるし進化後ルミナスメイジのアタックが4しかないので上から取られた時の相手の残りヘルスが結構あって、今度はそれを取るのがキツイ。Discordやツイッターで一緒に調整していたおじさんがルミナスはいらねえ!0だ0!って言ってた(ちなみにこのおじさんはDay1 3-2)ので流石にそこまでするのはどうかと思ってたので2枚にした。そこまで悪くなかったので2枚でいいやってなりました。

 

最後に援護射撃とバルバロッサ。援護射撃はあると強いが3枚は事故ったら終わり、1枚はミラーで引けなかっても終わりなので2枚にした。バルバロッサも同じような理由で2枚。2枚積み大好きおじさんである。

 

他は全部3枚でいい。2マナ帯にプリム(1/3で潜伏、こいつをアーサーから出せば潜伏だし次のスカイフォートレスに確実に繋げられるためだろう)、ルー(1/2、召喚時効果でコスト5以下の指揮官サーチ、エンハ4でコスト6以上の指揮官をサーチ)。この2枚に関しては強いのことはよくわかる。だがアーサーを出した時に出る4種類がランダムになってしまうこと、ここアーサー出せばクーフーリンでるしこことここ除去できるかな、とか刃ネズミのアタックが上がるだとかホーリーナイトベアが絶対出るから刃ネズミが守れるだとか、これらの確定事項がランダムになるのが弱いと思った、アーサーの強さが落ちるのだけは避けたかったのでその2枚は入れなかった。

 

ガウェインは勿論3、こいつがいれば後攻でも捲れる、6ターンアーサー7ターンスカイフォートレスもできる、白黒をエンハンスで開いてそこからガウェインで両方のコストを下げられる、ルミナスメイジと同じように相手が絶対に除去しないといけないカードの1つでもあるので何が何でも3枚にしたかった。

 

また2000文字超えたのでその4にDay1のこと書きます。

 

 

 

 

RAGE Shadowverse Dawnbreak, Nightedge 総括 その2

前回のまとめ

・RAGEがあるのでシャドバを始める

・オタク達を募る

・もう一つの枠をコロコロしすぎて時間が無くなる

・結局持って行ったのがミッドエルフ、練習時間6時間とか、あとはしあんげいのミッドレンジエルフ講座をひたすら見た。

 

というわけでRAGE当日朝5時半起床。これが第一タームだったら6時ぐらいに出ないといけないので死んでいた。受付時間ギリギリ着くのも自分が迷ったり電車の遅延が起こったりして遅刻したら嫌なので10時ごろに着くように出発、勿論第一タームの知り合いを応援するためにも。

 

mainichi.jp

↑前日に入ったニュース、新宿で降りて埼京線の方を確かめに行ったら本当に工事してた、というわけで山手線で大崎へ。大崎に着いて扉が開いた瞬間ダッシュするオタクもちらほら、りんかい線に乗車するがそこまでオタクがおらずちゃんとした若者の方が多い。第一タームの第二タームの丁度間だったのでスッカスカ、そのまま国際展示場へ。

 

会場が東7ホールだったのでとことこ歩いて早く着いていたオタク達と合流。受付まで2時間近くあったのであっちいったりこっちいったりして喋って時間を潰す、しかしほとんど立っていたので足がまあまあ痛い、家から出ないオタク故体力は持つが身体がついてこないのである。

 

そんなこんなで12時になる、受付に並んで待つ。受付で身分証明書を出すと割と大きめの声で本名で呼ばれると聞いていたがそんなことは無かった、受付の人によって違うのか?受付が終わりこちらですと言われ対戦場所へ案内される、想像していたより横が狭い、あと対面の人との距離が結構近くてビビる。座って13時までの50分を待てるわけもないのでまたオタク達がいたところに戻り喋る。どうやら中央線が遅延しているらしい。12時50分頃になると走ってくる人のほうが多くなる、ぼくが知っている人も走っていた。

 

そして13時。受付終了の声。中央線の影響で0回戦落ちした人もツイッターの方で沢山見つつニヤニヤしながら対戦場所の方へ戻る。

 

対戦前の説明を聞く。周りのオタクの声がまあまあうるさく説明してる人の声がほとんど聞こえないが3割くらいはわかったのでセーフ。周りのオタクの方が声が大きかったので耳を傾けてみると、自分のデッキがどうとか、相性がどうでこれには勝ててこれには負けるからやめてくれ~って仲間内で話しているのをど真ん前で聞く。こういうのって言ってたら不利になるからダメじゃね?って思ってたので大会数日前から自分のデッキや他人のデッキのことに表立って言うことだけは辞めていた。

 

というわけで説明が終わり第一回戦へ、続く。